エイミ「死の防波堤 違法釣り人

有刺鉄線を乗り越えることや、地元の釣り人の中に合鍵を持っています。
波にさらわれて海を落ちた場合、漁協仕事の手を止めて球助に向かうこともあるため、地元漁協も命知らずの釣り人には困惑しています。
警告の看板でも、
立入禁止
この防波堤は、高波などで非常に危険です。
既に、〇〇の死者者を出す事故が発生しています。関係者以外の無断侵入又は釣り等は法により罰します。

建造物等侵入罪の可能性
最大3年以下の懲役または10万円以下の罰金

軽犯罪法
軽犯罪法に違反した場合基本的にはすべての行為(33の行為)について同様に罰則『拘留=1日以上30日未満の身柄拘束』または『過料=1000円以上1万円未満の金銭徴収』が定められている

過去の教訓によって法に必ず定めています。自分の命を本当に大切にして下さい。

そして、タイトルでも最悪の場合とは、地震です。地震によって、揺れで釣り人が堤防から落下した場合、漁協でも揺れに第きれず、球助するこはできず結果、建造物侵入罪、軽侵入罪なども関係なく、犠牲になりかねません。海底、内陸でもいつ起きてもおかしくありません。
警察や海上保安庁でも、死の防波堤知るだけではなく、地震や津波などあらゆる想定外もあります。決して過去の教訓を本当に甘く見ないで下さい。それは漁協も教訓でも同じです。」