欄「名付けて ゴミテイクアウトバッグ。一見すると ただの和柄のトートバッグだけど バッグの中のクリックにゴミ袋を引っかかると それが仕切りになって ゴミ分別ができるようになってるんです。ゴミ袋の中には 汚れたものを入れてもOKですよ。」

世良「 つまりこれは 自分で出したゴミを持ち帰るためのバッグってわけ。」

園子「でも このイケてる外見からは ゴミを持ち歩いているようには見えないでしょ?」

欄「中のゴミ袋を外して使えば 買い物用エコバッグにもなります。」

園子「普段はこうして小さく折り畳めるから 外国の方のお土産としてもいいでしょ。」

世良「ゴミを捨てずに持ち帰る気持ちと 日本の文化も お土産として帰ってもらえるといいよな。」

欄「そして その売り上げで ゴミ箱を増やすというのはどうでしょうか?」


視聴者

テラミン「ゴミテイクアウトバッグのアイデア素敵です。」

星川「ゴミの分別は大変だけど、このゴミテイクアウトバッグは、ゴミの分別や、中のゴミ袋を外すと、買い物用エコバッグは特に便利と思います。参考します。」

ラビフット「確かに、日本の文化も将来の環境をよくする活動になるでしょう。」

モモ「ゴミテイクアウトバッグは、実際に商品化して欲しいですね。」

コマみ「地域はゴミ拾いをなるべく負担をなくすためにも、その売り上げで予算案をゴミ箱を設置することも希望していると思います。」

エイミ「コロナ禍でもこれ以上感染するリスクを少なくするためにも、ぜびこれを環境に変えていきたいですね。これは早めに皆さんに教えたいです。もちろん、医療従事者のためにも。」

コマさん「欄さんとってもいいアイデアですね。」

キラコマ「聖火リレーなどもこの活動を参考にして欲しいです。実際に環境の懸念されてますからね。なるべく自分のゴミは、自分で持ち帰りましょう。」


次の未来に向かう 日進次の月歩! みなさまの応援で 日々前進! 名古屋から東京へ走りぬく! 東都レールウェイは ワールドスポーツゲームズを応援しています!

「イマココラボ」は地球温暖化の激減の目的を心がけています。