ラビリン「のどかは 十分がんばってくれてるラビ。それは ラビリンたちがよーく知っているラビ。」

モモ「いや···ラビリンの声は癒やさるね。」

ブルポン「そうだね。えっとラビリンの声優··· 加隈亜衣さん。えっと··· 主演はいろいろな担当···。えっ!『レイトン ミステリー探偵社 〜カトリのナゾトキファイル〜』のアンジー・パターソンが担当してた?
ねぇモモ。ラビリンの主演はレイトンにも関係している。」

モモ「えっまさか?知らないけど。」

第39話のアンジー・パターソン。

アンジー・パターソン「みんな元気いっぱいだね。アハハハ。ママ!おかえり! わ〜い。 ママ ありがとう。 えっ? する〜! えっ··· やだ! ケリーお姉ちゃんってすっごく面白いの! 私が何かすると ドタバタしたり踊ったりとっても楽しいの! 一緒に遊んでくれるし大好きなの···。 だから お願いママ。 ママ··· うん! おいしい〜! なんで食べるシチューおいしい! ホント! やった〜!」

モモ「本当にラビリンの声だ。」

ブルポン「だから加隈亜衣さんは···。」

ラビリン「だれか··· お医者さんはいないラビ〜!」

ブルポン「それがラビリンの声の現状ってことよ。」

モモ「アンジー・パターソンは透明ベビーの正体はハムスターのことは言いたくなかった。両親が忙しく独りぼっちの時間が多いアンジーは家族が欲しかった。そして... 家族と一緒に食べることが一番おいしいことだよね。」

ブルポン「そうことですね。これから患者さんの気持ちを分かるようにならないといけないことだからね。」