重要な警告 2


星川「厚生労働省は、インフルエンザワクチン接種時期は現在受けていません。

10月1日接種希望の方はお早めに
【65歳以上の方(定期接種対象者)】


10月26日予防接種の方はお早めに
【医療従事者、基礎疾患を有する方、妊娠、生後6ヶ月〜小学校2年生】
上記以外の方も接種できます

予防接種は早めする方も予約が混乱する方もいらっしゃるかも知れませんが、あせる必要はありません。年内に予防接種をすませて下さい。


新型コロナウイルスのワクチン接種が、2021年2月17月から医療従事者、3月に65歳以上の高齢者、9月には一般の住民に開始予定です。
都道府県の各市町村で 〇月中旬、〇月中に発送予定、調整中が発表されています。
調整中または〇月中に発送予定が、〇月中旬と更新されています。

新型コロナワクチンを受けるには

① クーポン券(接種券等)と接種のお知らせ
② 接種の予約
③ 接種当日までの事前確認
④ 接種当日に準備するもの
➄ 1回目の接種
⑥ 接種後(2回目の手続き・感染予防の継続)

接種混雑を防ぐため、LINEで新型コロナのワクチン接種の予約システムを開発されました。
LINEの専用アカウントに 性別や年齢、基礎疾患の有無など入力した上で、希望日、接種会場を選択し予約完了します。使用者には前日に通知が届きます。


LINEのワクチン予約システムは

一部の自治体が導入され、全国での普及を目指します。
また、電話でも受け付けています。ネットではネット環境が必要です。なお、ネットの繋がりにくい、電話でも混み合う可能性がありますのでご了承下さい。
ご自身の意思で決めていただけます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

詳しいことは、厚生労働省 インフルエンザのHPまたはお近くの医者のインフルエンザの予防接種をご希望のポスターをご確認下さい。新型コロナの予防接種の場合も役所や医者のインフルエンザと同様です。


注意事項⚠

予防接種する前の注意事項を必ず記入して下さい。詐欺では、新型コロナウイルス感染症に郵便した身に覚えのない商品の送り付けにご注意下さい。これは金銭・個人情報をだまし取る電話・メールなども対象です。37.5℃などの場合受けられません。
接種券、予診票(接種券と同封)、お薬手帳、案内通知(予約日によっては接種日までにお手元に届かない場合がありますので、予約日時をメモに記録し、忘れられないように。)
予防接種する前に、感染対策の【マスク着用と咳エチケット】をお願いします。
また、ご家族の高齢者、若い方なども計画的に予防接種をお願いします。
密にならないように感染予防の予約が必要です。
一方、新型コロナウイルスのワクチン接種を開始された国では、副作用のアレルギー反応が報告されています。
英ワクチン規制当局は、「薬剤・食物・ワクチンに重いアレルギー反応を示したことのある人は接触受けるべきではない」と警告されています。
ファイザー社のワクチンでは、2回の接種が必要です。通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けて下さい。
2回目の接種も1回目同様に予約が必要です。(ネットや電話で予約)

ワクチン接種の流れは、お住まいの市区町村によって変わりますので、引き続きにご不明点がある場合は、お住まいの市区町村のコロナワクチンお問い合わせ窓口までお問い合わせ下さい。


もし自分がコロナの疑いでPCR検査を希望する際は、必ず厚生労働省HPや厚生労働省の新型コロナウイルスPCR検査のガイドラインを従い、保健所に電話で相談して下さい。PCR検査では注意事項があります。注意事項をよく理解して行動して下さい。

新型コロナウイルスとインフルエンザなど見分けることは困難です。医療機関に困難しない為に、ご協力をお願いします。」